かつて骨や骨髄を主食にしていた

農耕を始める前の人掛ま何を「主食」としていたのでしょうか? それに関して霊長頬研究者の島泰三氏が興味深い説を述べておられます。

氏によると、大昔の人頬の主食は「骨や骨髄だった」というのです。どういうことかというと、まずライオンなどの肉食獣が草食獣を狩り、ハイエナたち が 屍肉くをあさります 。

そのあと、まだまだ ひ弱な人類がやって来て、残った骨を石でかち割り、骨髄や骨をかみ砕きすすったというのです。

骨を割るための石はつねに手にもっていたので、4足歩行よりも便利な2足歩行になったわけです。

また骨髄にはEPA やDHA などの脂肪酸を筆頭に、たんばく質やカルシウムなどの栄養が豊富で、これが脳の発達に役立ちました。骨や骨髄はほかの動物と奪い合うことがありません。だからひ弱な人類にとって、比較的手に入れやすい食べものだったといえます。あくまでも仮説なのですが、私は説得力のある話だと思います○



posted by diet at 18:23 | Comment(0) | やせる漢方食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットの口コミ「10日で1.5キロのダイエットに成功」

サルバチアを食べ始めたのが今年はじめから。。記念すべき最初の日は、毎日食べているヨーグルトに混ぜて食べてみました。
サルバチアは無味無臭のため非常に食べやすく、プチプチとした食感も気に入りました。

その後は食べ方を自分なりにいろいろ工夫して、晩に食べるサラダにサルバチアをゴマのようにふりかけ、和風ドレッシングもかけて食べてみたりもしましたが、これだとサルパチアがお腹で膨らむのに少し時間がかかります。
そこで、また元のようにヨーグルトにサルパチアを混ぜて食べるように。その際は、サルバチアを少し膨張させてから食べる工夫を加えてみました。
こうして現在、サルバチアを摂るようになって、10日目になります。しかし、そんな短期間にもかかわらず、体重はなんと1.5キロ減ったのです。具体的に言うと、3日目から体重が減少。

posted by diet at 18:56 | Comment(0) | サルバチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サルバチア(チアシード)の口コミ「子供の頃からの便秘が解消」

最近、話題でよく耳にするようになったサルバチア(チアシード)ですが、昨年から流行に合わせるように摂るようになりました。週に1回、家政婦としてお仕事にに通うお宅があるのですが、そのお宅でサルバチア(チアシード)を知りました。

部屋の中を掃除していると、絨毯にゴマのような粒が落ちていたり、コップの淵にも、その粒が付着していたのです。
私は気になり、奥様に尋ねたところ、この粒はサルバチアという南米原産の植物の種で、古代アステカ族が薬として重用してきた自然食品であることを教えていただきました。

私は奥様の話を聞いているうちに、サルバチアには素晴しいパワーが秘められていると直観が働き、自分でも食してみるこにしたのです。
具体的にいうと毎日朝晩2回、白湯の中にサルバチアを入れ水分を吸収してドロッと膨らんだときに、白湯ごと飲むようにしました(3分後位)。

posted by diet at 18:53 | Comment(0) | サルバチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サルバチアの口コミ「便秘が解消し、3.5キロのダイエットに成功」

便秘の悩みは3人に1人もいると聞きましたが、私も10代のころから頑固な便秘症に苦しんできました。 便通が訪れるのは1週間に1度。それも、下剤を毎日数種類飲んで、ようやく出る感じだったのです。 あまりに頑固な便秘だったので腸の病気ではないかと思ったほどです。


それが今年はじめ、友人のすすめからサルバチアを毎日摂るようにしたところ、10日目から便通が復活。そしてその後も2日に1回のペースで便通があり、ついに下剤から離脱できました。


なんと!離脱できたのは、下剤だけではありません。 私は33歳のときにパニック障害を発症。ストレスが強く感じられると、過呼吸や胃痛、じんましんなどに襲われていたのですが、不思議なことに、サルバチアを摂るようにしたら、パニック症状がまったく出なくなったのです。


おかげで、パニックを抑える抗うつ薬も飲む不要になり、さらに言えば、持病であった十二指腸潰瘍も根治。 病院で検査してもらったところ、胃や腸のただれた粘膜がきれいに修復されて、潰瘍は消えているということでした。


posted by diet at 18:51 | Comment(0) | サルバチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腎臓がちょっと…という体質でも尿がよく出て体重が7kg減、1年で15kgもダイエット

スイカの煮汁以外のダイエットは何も効果がなかった

スイカの煮汁と出合うまで、私はひたすら太りつづけてきました。中学時代、運動部で鍛えた食欲は30代になってもまだまだ衰えず、体重は65kgまでふえていました。

いろいろなダイエットを試してはリバウンドを繰り返してきたんです。太りすぎは、健康状態にも悪影響を及ぼし、下半身や顔がよくむくんでいました。私は洋服の販売員の仕事をしているので、立っている時間が長いのですが、終業時間のころには、足の裏やふくらはぎがパンパン。体重をかけると、血管が切れちゃうのではないかと思うほどで、痛みもありました。

腎臓が悪くて、腎臓にできた結石が夜中に動き出し、あまりの激痛に救急車を呼んだこともありました。何かいいものはないかと常に探していたので、3年前「スイカの煮汁がむくみに効くらしいよ」と職場の同僚が話しているのを問いて、すぐ飲み始めました。飲み方は1日3回、食前にティースプーン3杯を250 ml のお湯に溶かすだけ。甘いし、ほのかに酸味もありるので、おいしく飲めます。

まず最初に変化があったのは、トイレの回数です。 飲み始めた次の日から、口にする水分の量は以前と同じなのに、1時間おきにトイレに行くんです。1ヶ月が過ぎると、l 日5〜6回のペースになりましたが、むくみの原因となっている体のなかの余分な水分がしぼりとられているみたいでした。
オシツコだけでなくお通じも、スイカの煮汁を始めて1週間後から回数がふえました。以前は3日にl回だったのが、毎朝出るようになり、調子のいい日は1日に2回もあるんです。これまでの私の体では考えられません。

腎結石も改善。お酒を飲んでも悪酔いなし


このように忙しくトイレに通ったかいがありました。むくみなんて、スイカの煮汁を飲み始めて3週日から、まったくなくなりました。

そのうえ、たった1ヶ月で体重が島もやせていたんです!毎日顔を会わせている職場の同僚が「どうしたの、なんか小さくなっとらん?」と顔をしげしげと見るので、体重を量ってみたらこの結果です。

最初は体重計が壊れているのではないかと疑いました。7kgも減ると、自分でも体が軽いのがよくわかります。自然に小走りしていたり、休日にはスポーツをしたくなったり、気持ちまで変わってきました。これがまたよかったようで、さらに体重は減りつづけ、1年で合計15 kgやせて、いま私の体重は50kgです。1年前からはとる量を1日1回、小さじ3杯だけにしています。それでもリバウンドせず、くせになりやすいと開く腎結石の発作もありません。

正直、私は一生太ったままで、体のあちこちを悪くして早死にするに違いないなんて、落ち込んだ夜もありました。でも、いまは以前より食事もお酒もおいしく感じる、? えに、スリムになってお化粧ヤフアッションも楽しめて、スイカの煮汁のおかげでほんとうに幸せな気持ちです。

スイカに含まれるシトルリンの効能、効果について詳しくはこちら。

posted by diet at 11:58 | Comment(0) | L-シトルリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。