食欲の秋 ストレス太り注意報

まずは、ストレス太りチェック!


  1. イライラしたり不安になると空腹でなくても甘いものが欲しくなる
  2. 趣味がなく自分へのご褒美はスィーツやケーキが多い
  3. 友人とカフェに行ったときに友人がケーキを頼んだら食べたくなくても自分も頼んでしまう
  4. 食事を用意してくれた人のことを考えて完食してしまう
  5. 仕事が忙しくて朝食はほとんど食べない
  6. 残業が多く帰宅が遅いので夕食は寝る直前が多い

1.2は、典型的なストレス解消食べ パターン

甘いものを食べて血糖値が上がるセロトニンという気持ちを安定させる脳内物質やエンドルフィンというリラックス効果がアップする脳内物質が増えやすくなる。ストレスがかかると甘いものを食べたくなる。

3.4は空気読みすぎのつきあい パターン

周囲の顔色をうかがいすぎるため自分は食べたくないのにつきあいで食べてお腹が満腹になる人。周囲への気の使いすぎが原因です。

5.6は、仕事ストレス太り パターン

仕事が多忙になると太る男性の典型的パターン。昼は炭水化物のドカ食い、早食いで夕食は残業のため寝る直前の時間帯。脂肪を合成しやすく中年太りになるパターン。
朝食は抜かずにしっかり食べることで改善できることが多い。

食欲の秋でおいしいものはたくさんありますが、ストレス太りには用心です。

食事前に青汁を飲むのも血糖値の急上昇をおさえ、さらに食物繊維も多く含むので食べ過ぎを防いでくれます。野菜不足の人にもおすすめです。
酵素入り青汁がおすすめです。酵素入り青汁のおかげで4.5キロ痩せて肌はつやつや
posted by diet at 13:13 | Comment(0) | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食前に青汁を飲めばカロリーの高いものでも脂肪になりにくい

女性にとっていつでも気になるのが「ダイエット」のこと。体重が減ったり、ウェストが引き締まるだけで気分もいいものです。しかし、ダイエットは、一時期うまくいってもまた、リバウンドで戻ってしまったり、リバウンド前よりも体重が増加してしまうケースもあり、なかなか難しいものです。
健康的にストレスをためずに痩せる方法に青汁があります。

食べ過ぎを防ぎ贅肉を増やさない


食べ過ぎなければダイエットはうまくいくのです。とても簡単ですが、イライラしたり、ストレスが貯まるとどうしても「食べる」ことでストレスを解消しようとするのは動物の本能です。

青汁の場合、2つの面からダイエットのサポート役として働きます。まずは、食べ過ぎを防ぐ効果。食前に青汁をぐいっと1杯飲みます。

すると、青汁に含まれる食物繊維が満腹感を与えて食べ過ぎを防ぎます。

もうひとつは、食べ物の吸収速度をゆっくりにして糖質が脂肪に変わるのを防ぐ作用です。ご飯やパン、パスタ、うどん、甘いものなどに多く含まれる炭水化物(糖質)は、体内で血糖に変化してエネルギーとして使われます。
このときまとめて大量に食べたり、お菓子やジュースに含まれる吸収の早い糖質をとると急激に血糖を増やしてしまいます。

すると、だぶついた血糖は体を動かすエネルギーとして使い切れず、余ってしまいます。

この余った血糖は脂肪細胞に行き、脂肪、つまり贅肉として体に蓄えられるのです。

しかし、青汁の食物繊維には、胃での消化時間を遅くして血糖の急上昇を抑える作用が働きます。
そのため、食べ物がエネルギーとして活用され、脂肪になりにくくするのです。

その他の青汁の効果はこちらのサイトに詳細があります。

酵素入り青汁「リッチグリーン」効果
http://g-juice.com/richgreen/index.html

posted by diet at 13:37 | Comment(0) | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする