無理な減量に2回も失敗、腹ヤセ脳になったら半年後に5kgやせた

急激なダイエットはリバウンドでさらにデブになる

私が肥満外来を受診したのは、今からl年前のことでした。146cmと小さい私は、20歳のころの体重は42kgと標準体重を保っていました。ところが、4人の子供の出産のたびに徐々に太っていきました。

体重が72.6kgにまで増えてしまったのです。私も肥満に対して手をこまねいていたわけではありません。40代のころに2回の心臓手術を受け、手術の直前1ヶ月の間に、絶食療法により10kgほどの減量に成功しています。ところが、2回とも、退院してからわずか2週間でリバウンド(体重がもとに戻ること)してしまったのです。

なんとかやせたいと思っ肥満外来を受診したものの、「ダイエットしても、どうせリバウンドしてしまう」と悪いイメージが抜けませんでした。また、自分を犠牲にしてという言い方はよくありませんが、家族や子供のことを優先して考える傾向があり、「食事を家族の好みに合わせているので、自分が太るのも仕方ない」とも思い込んでいたように思います。

肥満を解消するには、まずこうした根拠のない思い込みから考え方を変える必要があったのです。そこで、私は、「腹ヤセ脳」になるダイエットを指導していただきました。

「家族に合わせた食事内容を見直し、自分のダイエットに合わせた食事内容にしたらどうですか?」「急に体重を減らすとリバウンドするので、心臓に負担をかけない軽い運動から始めたらどうですか?」などと、行動目標を提案していただきました。

私自身が行動目標を選ぶことが大事なポイントだそうです。選択肢は肥満外来で提示していただきました。選ぶのはあくまで私自身なんです。

たとえ効果的な目標でも、本人が自分の意志で選んだものでなければ、そのあと続かないためだそうです。「食べる時問が異なる家族に合わせて1日に何度も夕食をとるのをやめる」「カロリーが低い野菜料理を食べる」「ストレスをためないために、家族に自分の気持ちを積極的に伝える」といった、らくに続けやすい目標を選んでセルフモニタリングを実施しました。すると、私の体重は緩やかに減少しはじめたのです。

6ヶ月後には4.6kg減って68kgになり、さらに6ヶ月たった今でもリバウンドは全く見られません。すっかり腹ヤセ脳が成功して嬉しい限りです。

今後、心臓のペースメーカーの交換手術を受けなければならないので、それまでに体重を62`に減らすことを目標に、今もダイエットに励んでいます。

苦しい減食や運動は現代人の体質に合わないというのは甘えだとずっと思っていましたがまさにそのとおりでした。
posted by diet at 10:01 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバウンドはイヤ!

「健康診断でメタポと判定されてしまったJ「体格指数(BMI)で肥満と言われてしまった」などの理由から、ダイエットを始めても、なかなか続かないことが多いものですムそれはからだが飢餓に備えようとするため、食事でとったカロリーを少しでも多く蓄えようとしているからです。

主食と間食のバランス

リバウンドしないダイエットのコツは、必要な栄養素を十分にとりながら、ゆっくりと着実な食事療法をおこない、生じがちなカロリーや栄養素不足を満たすための大量摂取を防ぐことです。そのために、しっかりと副菜の野菜と主菜の肉や魚をとり、続いて主食のご飯やパンをとります。主食の量で摂取カロリーを調整し、食文化の楽しみとして果物やデザートを少しとりますムダイエットの成功には毎朝の体重を記録して、体格指数(BMI)を計算し、標準体重 に近づけるように主食や間食の量を調整することが大切です。

運動量を増やして体を動かす

食事療法に加えて、外出の機会を増やす、趣味のサークルに入るなど、無理のない運動や活動でカロリーを消費する必要があります。運動の強さと運動時聞から、運動や活動で減るカロリー量を計算し、標準体重に近づけることが大切です。
体格指数BMIが30以上になると糖尿病、高血圧、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群、痛風や変形性関節症などの病気が発症しやすくなります。適切な運動・活動も取り入れながら、ダイエットを上手に続けましょう。
サルバチア(チアシード)を実際に使ってみての効果、感想など
posted by diet at 13:46 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べるのが早い!よく噛まない!は肥満の原因になる

人は、眠くなると自然にあくびをします。そして、あくびをすると目に涙がたまり、少しだけ眠気がとれた感じがします。
これは、あくびをすることで、かむ筋肉が引っ張られ、こめかみ一帯の古い血液がかき出されるためなのです。専門家はこのような動きを「第三の心臓」と名づけています。

第一の心臓はいうまでもなく、左胸の奥におさまっている心臓そのもの。第二の心臓は、呼吸のたびに収縮する横隔膜。そして、咀嚼することを、第三の心臓と呼んでいます。

ちなみに、第四の心臓は、足の筋肉の収縮運動。第五の心臓は、手の筋肉の収縮運動になります。つまり、第一の心臓は、酸素をいっぱい含んだ新鮮な血液を全身に送り出し、第二、三、四、五の心臓は炭酸ガスの充満した古い血液を心臓に送り返しているわけです。

これらの働きを、専門用語で「ミルキングアクション」と呼んでいます。もう少しくわしくいえば、たとえば腰や足を屈伸させることで、筋肉に平行して走っている血管系をくり返し圧迫し、それによって静脈血を心臓に送り返しているれけです。そのように考えれば、まだ心臓の働きが十分でない幼児が年中走り回っているのも納得できるのではないでしょうか。
じっと、静かに座っている子どもなど見たこともありません。そして、脳については、第三の心臓が古い血液をかき出すことで、新鮮な血液が流れこむようにしているわけです。

脳に流れている血液の約半分はこの「咀嚼=ポンプ」の働きによるものだといいます。

また、このポンプの働きをよくするには、咀嚼やあくびだけでなく、笑ったりかど歌ったりすると効果があります。「笑う門に福きたる」というのもうなずける話です。

このように考えれば、ガムをかむことで眠気がとれるというのも納得できます。逆に返せば、ガムの消費が伸びるということは、いかに現代の食物がやわらかすぎるか、それを物語っているわけです。

あまり、喜べる話ではないと思います。また、神奈川の大学病院の来院患者の食事時間を調査した結果を見ると、標準体重の人は男性が13〜16分、女性が15〜18分、食事に時間をかけています。

それに対して、肥満の人では男性が8〜10分、女性が11〜13分になっています。また、それに伴う一口当たりの咀嚼回数を見ると、標準体重の男性は8.9回、女性が9.4回。それに対して、肥満の人は、男性が7.7回、女性は8.2回という結果になっています。昔から、

早食いの人には肥満が多いというのもうなずける話なのです。また、昔はご飯を食べている時に小石が入っていたことがよくありました。気がつかないと、たいがいは石を砕いてしまったものです。つまり、かむ力というのは「石をも砕く」(約27キログラムといわれています)ほど強い圧力になっているわけです。それを、毎日くり返しているわけですから、全身に与える影響ははかりしれないほど大きなものがあります。

実際に、歯の矯正や治療をすると、知らないうちに、鼻炎、肩こり、高血圧、腰痛、頭痛などさまざまな病気が治ったという例が少なくありません。

まさに、咀嚼は全身に影響を与えるわけです。食生活、食物の話というと、とかくその食物に含まれている栄養素ばかりに目がいきがちですが、その食物のかたさということにも目を向けたいものです。問題は、現在の食事が、あまりにもやわらかくなりすぎていることにあります。それを防ぐには、今まで述べてきたように、「カタカナ食物(欧米化された食物)」、精製された食物を減らし、食物の一部分しか食べない習慣を減らすことです。
頭からおしりまで食べることも生活習慣には大切な要素です。
posted by diet at 15:43 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性のよくあるダイエット失敗例「生理前は失敗しやく、失恋は拒食症になりがち」

あなたが女性で、今度こそヘルシーに完璧にやせようと思っているなら、生理の前と失恋直後にダイエットをはじめてはいけない!
そこには、ダイエットの失敗だけでなく、健康そのものを脅かす危険性が多分に含まれているのです。

あなたが女性で、今度こそヘルシーにやせようと思っているなら、生理の前と失恋直後にダイエットをはじめてはいけません。

早い人では月経2週間ほど前から始まる、イライラや集中力低下などのうっとうしい「月経前症候群(PMS)」は、女性ホルモンの分泌量が乱高下するのが原因と言われています。
生理痛対策 (PMS月経症候群)はこちら。
PMSの代表的な症状のひとつは「むくみ」。
月経の1週間前から月経中に分泌される黄体ホルモンに水分をためこむ性質があるためです。黄体ホルモンは大腸のぜん動運動も抑えるから便秘にもなりやすくなります。それこそ水を飲んでも太る時期で、やせにくい状態です。生理がはじまると便秘になってしまう女性は多いものです。

逆に、生理の後は、ためこんだ水分や老廃物が放出されて、ダイエットが行いやすい状態といえます。

また、失恋から立ち直れていないときにダイエット七走ると、拒食症を招きやすいことも特徴です。拒食症の大きな原因は「心の欠落感」。いつも自分に注がれていた大きな愛情を失うと、心にポッカリ穴があいた心境になります。
なにをやっても満たされないと、人は無意識のうちに、だれかの関心を引いて欠落を埋めようとする。どんどんやせていくのは最もわかりやすく、みんなに心配してもらえる。心のバランスも崩れているから、絶食、サブリ、ダイエット薬、ハードな運動、食べ吐き…と、とりつかれたようにエスカレートして、やがて食べものを受けつけなくなってしまいます。

拒食症は心の病なので、治療は10年がかりで、死に至ることも多く危険なのです。失恋して食欲がないからついでにダイエット、なんて決して考えないこと。親友や親兄弟など、心を許せる人に無理せず甘えて、愛情を注いでもらって立ち直るのが正解です。
posted by diet at 14:47 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中性脂肪、コレステロールを下げるダイエットには欠かせない「シモン」

シモン茶ダイエットが全国的に人気が爆発しているようです。強力なやせる成分は含まれていませんが、シモン茶はダイエットの障害を防ぎ、またダイエットを間接的に促進してくれます。

シモンについてはこちら
http://wahuu968.blog50.fc2.com/blog-entry-113.html


つまり、シモン茶を効果的に飲めば、健康的にやせられることも夢ではないのです。ダイエットを成功させる方法は、ただひとつ。それは、摂取カロリー以上に、消費カロリーを高くすること。わかりやすくいえば、食事制限をして、運動をすればよいのです。

ただ、年を重ねるほど運動は億劫になります。そこで、摂取カロリーを抑えることが非常に大事になってきます。しかし、食事を押えるとビタミン類やミネラルなどの必須栄養素の不足に陥りがちです。いくらやせても栄養不足ではいけません。それを防ぐためにも、ダイエット中は必須栄養素をきちんと補う必要があります。じつは、シモン茶はビタミンやミネラルなど豊富な栄養素を含有。だから、食事を抑えたとしても、シモン茶を常飲すれば、さまざまな栄養素が補給でき、健康的にやせられるというわけです。

ダイエットに成功しても栄養不足から肌がカサカサになつたという人も多いですが、シモン茶はそれを防いでくれるのです。

栄養価にすぐれているだけではなく、シモン茶はダイエットを助けてけてもくれます。肥満の敵は過剰なコレステロールや中性脂肪。じつは、シモン茶はこうした肥満の元凶を排出してくれるのです。
シモン茶にはレシチンが豊富に含まれています。レシチンとはリン脂質の一種で、右けんのように水と胎に溶けるという性質があります。そのため、組織や血液中にだぶついているコレステロールや中性脂肪を微粒子にして溶かし、肝臓で分解したり、そのまま排出してくれるのです。

コレステロールや中性脂肪の数値を下げ、肥満のリスクを下げてくれるのです。食物繊維を多く含有しているのもシモン茶の大きな聴徽。食物繊維が豊富といわれるゴボウの約6倍といいますから、驚きです。食物線維は腸内で余分なコレステロールを吸着し、排出させる作用があります。このほかにも有害物の排出促進により大腸ガンの予防に役立つことも知られています。

こうしてシモン茶は余分なコレステロールや中性脂肪を排出することによって、肥満を二次的に防いでくれるのです。

シモン茶を利用して効果的にやせるには次の3つが大きなポイントになります。
  • 腹八分目を守り、脂肪分の多いものなどを避けて摂取カロリーを抑える
  • シモン茶を毎日、食前にl〜2杯飲む。空腹なので栄養成分の吸収がよく、シモン茶である程度お腹が膨れれば、そのぷん、食事の量も減らすことができる
  • 無理のない程度で適度な運動を心がける。散歩やウォーキングなどでもよい

シモンを使ったダイエットは、ある程度、ちゃんと計画をたててしっかりダイエットに取り組める人でないと少し難しいかもしれませんが、それだけに効果はかなり期待出来そうなダイエット食品です。
健康的に痩せられるというのが魅力です。
posted by diet at 15:14 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする