お相撲さんはデブでも健康?

ダイエットの途中でストレスがたまって「えぃや!!やめてやる!」と何かもぶちまけてしまいたくなるときが必ずやってきます。そんなとき太っている人を見て自分を慰めたり…。

ところでお相撲さんはあんなに太っていても健康なのでしょうか?
力士の肥満と運動についての調査の方法は、ある相撲部屋の若手力士15人の腹部の画像を、CTスキャンを使って調べることでした。

その結果、驚くべきことがわかりました。いわゆるメタポリック症候群を示す内臓脂肪型肥満だったのは、15人中たった1人、残る14人は皮下脂肪型の肥満だったのす。

力士15人は血液、尿検査でも優秀な結果を示しました。コレステロール値は160mg/dl(危険域は220以上)。
血糖値の平均96mg/dlは、通常の健康人とまったく変わらない値でした。

なぜ力士たちはメタボでないのでしょうか?

「ものすごいカロリーI摂取をする半面、猛稽古をする。内臓脂肪の合成もエネルギー消費による分解も活発だから、体にたまりにくく、メタボ肥満にならないのでしょう」と医師が言っています。

ところで一方、この結論とは裏腹に、超肥満の力士は早死にしやすいという通説があります。これはどうしてでしょう。

そのなぞを解く鍵を一例あげると、昨年、59歳で急性心不全のため死亡した元関脇力士の例があります。実は医師のt人は、現役を引退した後のこの力士に会い、CTスキャンで腹部撮影をしたことがあります。その結果は、成人病になりやすい、かなり内臓脂肪の多い体だったそうです。

また、ご本人に問うたところ、引退して猛稽古をしなくなったが、食事量は現役のときのままだったそうです。同医師は「やはり引退後の食事の節制の仕方に問題があったのかもしれません。運動量に合わせた食事の改善をしなければ、早死にする可能性は考えられます。
力士は現役中、1日平均7000キロカロリー食べるのだそうです。ものすごい大食漢だ。猛稽古をしなくなった引退後も食事量が変わらないのでは、体は耐えられないのでしょう。

運動をしてもそれ以上食べたり飲んでしまえば意味がないということです。1万歩歩いても消費カロリーはたったの270kcal 1杯のビールで水の泡なんかがわかりやすいですね。
posted by diet at 19:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低炭水化物ダイエットはコツがある

炭水化物の量を抑えるローカーボダイエットでは、ほかに食べる食事の質によって、後の死亡率が変わることがわかった。
女性8万5168人、男性4万4548人が対象。米国での調査。調査では、食生活の質問票を基に、炭水化物のほか、「植物性たんばく質」と「植物性脂肪」の摂取量を算出し、その量に応じて10群に分けた。同様にして、炭水化物のほか、「動物性たんばく質」と「動物性脂肪」の摂取量でも10群に分けた。

20年以上におよぶ追跡調査の結果、低炭水化物食でも「動物性の食品が多い」群ほど、全体の死亡率は高く、心血管疾患やがんによる死亡率も高かった。

ところが、低炭水化物食で「植物性の食品が最も多い」群は、「植物性の食品が最も少ない」群に比べて死亡率は20%低く、特に心血管疾患による死亡率は23%低かった。この傾向は男性でも、女性でも同じだった。

「低炭水化物食による健康効果を求めるならば、植物性の食品を組み合わせることが望ましい」と研究者らはいっている。
posted by diet at 19:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸内細菌の種類が肥満に影響、太り気味の人は腸ケアもダイエットも大切

腸ケアもダイエットも大切太り気味の人が太りやすい一因には、腸内細菌の種類の少なさがあることがわかったし。

デンマーク人を対象にした欧州の研究。BMI(体格指数) が謝超の肥満者169人と非肥満者123人の便から腸内細菌の遺伝子の種類を調べ、遺伝子の種類が鵜万未満を「少なめ」群、それ以上を「多め」群とした。2群を比較すると、「少なめ」群は「多め」群に比べ、肥満、インスリン抵抗性、脂質異常の傾向が強かった。実際、「少なめ」群の肥満の人は、「多め」群に比べ、9 年間に体重が増えている人が多かった。

さらに少なめ群は炎症性腸疾患などの炎症性の腸の病気も大ことがわかった。そこで最近の質を見ていると「少なめ」群は炎症作用をもつ細菌が多く、反対に「多め」群は抗炎症作用がもつ細菌が多かった。
posted by diet at 18:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳の健康には野菜やオリーブオイル豊富な地中海式ダイエットが○

野菜や果物、オリーブオイルを豊富にとる「地中海式ダイエット」は、認知機能の低下を遅らせ、アルツハイマー型認知症を予防することが、複数の論文を初めて系統的に分析した英国のシステマティック・レビューでわかった。
地中海式ダイエットとは、野菜、シリアル、豆類が中心で、脂肪はオリーブオイルでとlり、赤身肉や食肉加工品、バターやラードなどの飽和脂肪酸は少なめの食事のこと。

脳卒中や糖尿病、心臓病のリスクを下げるといわれている。研究グループは、地中海式ダイエットと認知機能に関する論文719本のうち、条件を満たした12本(観察研究1本、ランダム化比較試験1本) について分析した。結果、9本の論文で、地中海式ダイエットにより認知機能の低下やアルツハイマー型認知症のリスクが下がることが確認された。アルツハイマー型認知症の発症リスクは、地中海式ダイエットに熱心に取り.組むほど34〜40%下がることが 示された。
これは、ビタミンDやEなどの抗酸化物質が豊富な地中海式ダイエットが代謝を改善し、老化による酸化ストレスを減らすためと考えられている。
一方、物忘れなどの軽い症状については効果ははっきりしなかった。
posted by diet at 18:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする