食前に青汁を飲めばカロリーの高いものでも脂肪になりにくい

女性にとっていつでも気になるのが「ダイエット」のこと。体重が減ったり、ウェストが引き締まるだけで気分もいいものです。しかし、ダイエットは、一時期うまくいってもまた、リバウンドで戻ってしまったり、リバウンド前よりも体重が増加してしまうケースもあり、なかなか難しいものです。
健康的にストレスをためずに痩せる方法に青汁があります。

食べ過ぎを防ぎ贅肉を増やさない


食べ過ぎなければダイエットはうまくいくのです。とても簡単ですが、イライラしたり、ストレスが貯まるとどうしても「食べる」ことでストレスを解消しようとするのは動物の本能です。

青汁の場合、2つの面からダイエットのサポート役として働きます。まずは、食べ過ぎを防ぐ効果。食前に青汁をぐいっと1杯飲みます。

すると、青汁に含まれる食物繊維が満腹感を与えて食べ過ぎを防ぎます。

もうひとつは、食べ物の吸収速度をゆっくりにして糖質が脂肪に変わるのを防ぐ作用です。ご飯やパン、パスタ、うどん、甘いものなどに多く含まれる炭水化物(糖質)は、体内で血糖に変化してエネルギーとして使われます。
このときまとめて大量に食べたり、お菓子やジュースに含まれる吸収の早い糖質をとると急激に血糖を増やしてしまいます。

すると、だぶついた血糖は体を動かすエネルギーとして使い切れず、余ってしまいます。

この余った血糖は脂肪細胞に行き、脂肪、つまり贅肉として体に蓄えられるのです。

しかし、青汁の食物繊維には、胃での消化時間を遅くして血糖の急上昇を抑える作用が働きます。
そのため、食べ物がエネルギーとして活用され、脂肪になりにくくするのです。

その他の青汁の効果はこちらのサイトに詳細があります。

酵素入り青汁「リッチグリーン」効果
http://g-juice.com/richgreen/index.html

posted by diet at 13:37 | Comment(0) | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする