ホットキャベツダイエットで産後のお腹の贅肉がとれた

お腹の贅肉をみるたびにため息

「最後の2キロがどうしても落ちないの」出産した友人が、口をそろえていっていた言葉です。昨年出産した私も、それをいやというほど味わいました。私は身長が1センチで、妊娠前まで体重は52キロでした。それが出産時に67キロまでふえ、出産後も62キロと、5キロしか落ちなかったので、いろいろなダイエットを試みました。人気の「0どリーズ・ブートキャンプ」やダイエットマシンを購入して、たっぷり汗を流しました。

それでようやく56キロまで落としたものの、それから先は何をやってもだめ。何より困ったのは、着るものです。妊娠前にはいていたズボンやスカートが、きつくてはけなくなりました。原因はおなかです。おヘソまわりがポコツと出たまま、どうしても戻りません。
ジーンズをはいて座ると、べルトの上にたるんだ皮膚と脂肪がのっているので、いやになります。いままでこんなことは一度もなかったのに!と、私はおなかの肉をつまんではため息をついていました。

2ヶ月前、知ったのが「ホットキャベツダイエット」です。これはゆでたキャベツを食事の前にとるというものです。しかし、キャベツと聞いて、私は引いてしまいました。

実は私は大の野菜ぎらい。食べられるのはレタス、キャベツ、ブロッコリーくらいのものです。それだって、好きで食べるわけではありません。でも、何をしてもへこまなかったおなかです。

ここはひとがんばりしてみようと、その日の夕食から「ホットキャベツダイエット」を始めました。

キャベツがおいしいと感じた

私は夕食の最初に、キャベツを食べます。量は6 分の1個。大きめに切って1分ほどゆで、ノンオイルドレッシングにつけて食べます。かけるのではなくつけるのは、ドレッシングの量を少なくするためです。

私のようにキャベツが好きでなくても、ゆでるとけっこうおいしく食べられます。また、食事の前にとるので、おなかがいっぱいになり、ごはんは1膳から半膳にへりました。おかずの畳も、全体的にへったと思います。

ダイエット中、私は体重のことはなるべく気にしないようにしていました。ところが1週間たったころ、ジーンズをはいて座ったときに、「あれ?」と思いました。なんとなく、いつもの食い込みがないのです。「もしかしたら」と思って体重を測ったところ、2 キロもへって54キロになっていました。「こんなに簡単に2キロもへっちゃっていいの?」というのが、最初の感想でした。

これに気をよくした私は、以前はいていたズボンを取り出してはいてみました。すると、スルリとはけるではありませんか。このとき、「キャベツはすごい! 」と思いました。それに、急激に2キロやせた割には肌がきれいで、健康的にやせられたと思いました。これは便通がよくなったためかもしれません。私はもともと便秘で、お通じは2〜3 日に1回あるかないか。10日も出なかったこともあります。

野菜を食べずに肉心の食生活ですから、便秘になるのも当然でした。これまで漢方系のお茶や薬でしのいできましたが、キャベツを食べるようになってほぼ毎日お通じがつくようになりました。しかも、残便感がなく、「出し切った」という爽快感もあるのです。

1週間で昔の服が着られるようになったので、とりあえずホットキャベツダイエットはやめました。しかし、そのあともちょっと食べすぎたときなどに、ときどきやっています。おかげでそれからさらに2キロも体重が落ち、妊娠前の体重52キロを切るほどになりました。周囲の人からも「前より細くなったね」「体のラインがきれいになったね」などといわれて、調子にのっています。
ホットキャベツダイエットはこちら。

イチジクのドライフルーツをおやつ変わりに食べたのもよかったかもしれません。
posted by diet at 19:12 | Comment(0) | やせる漢方食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3ヶ月で20キロ痩せたホットキャベツダイエット

ウェストは95オーバーのメタボ腹

「ホットキャベツダイエット」これは、今年こそはダイエットを成功させたい人にすすめすのダイエット法です。

さて、このホットキャベツダイエットの前に、おそらくご存知の方も多いと思う、「キャベツダイエット」のお話からです。食事の前に生のキャベツ6分の1個ほどをよく噛んで食べる。ただこれだけで驚くほどの減量効果が得られる。というダイエット方法です。誰でも簡単にすぐはじめられる点でも優れています。本ブログでもこちらで紹介しています。無理なくやせられ、しかもお金もたいしてかからないという点では、理想的なダイエット法といえるでしょう。100円前後のキャベツを1玉買ってくれば6日間で食べきる計算ですから1ヶ月30日として500円でOKです。ドレッシングの味を変えると飽きずに続きます。しっかりよく噛んで食べると早く効果がでるのですが、お腹がすいているとたいして噛まずに食べてしまい肝腎のダイエット効果がなかなかでてきません。

キャベツダイエットは、4年半前に健康雑誌で紹介されて以来、あちこちのメディアで取り上げられ、今日では肥満に悩む多くの方がその効果に感動しています。糖尿病などの方にも効果的ですし、中性脂肪が高い、コレステロールが高いなどの生活習慣病の方にも効果的です。
血圧が高い方は、ダイエットと降圧の両方を実現できます。

実は、このキャベツダイエットは、ドクターが3ヶ月で20キロの減量に成功しています。メタポリック症候群から速やかに脱却しました。大学時代はサッカーをしていたので身長169センチで体重が60キロそこそこの体重と、体型もスリムそのものでしたが医師になってからは、慢性的な運動不足。しかも若いころから食い道楽ときては、肥満街道まっしぐらも当然の話です。

キャベツダイエットを開始したころは、体重89キロで、ウェストも96.7センチンというメタボ腹になっていました。

検査数値も、中性脂肪値や血糖値などが相次いで赤信号。体調面でも睡眠時無呼吸症候群の兆候をはじめ、いろいろと問題が出てきて、いよいよ真剣にダイエットを考えざるを得なくなりました。睡眠時無呼吸症候群の治療その1「肥満ならまず痩せる」

キャベツダイエットのいちばんのよさは、満腹感が容易に得られる点です。よく噛んで食べまることで満腹中枢が刺激されるので、ダイエット中にとくにストレスを感じることもありませんでした。

キャベツによる満腹感で、毎回の食事量、つまり、摂取カロリーも半分程度にへらすことができました。その結果、1ヶ月で10キロ次の1ヶ月で6キロへり、内臓脂肪たっぷりだったおなかまわりが、驚くほど縮みました。

キャベツはよく噛んで食べると甘みがありおいしいこともこのダイエットで身をもって知りました。
キャベツのプロフィールはこちらの「豊富なビタミンで胃腸を強くするキャベツ」です。

さらに3ヶ月めにはさらに4キロやせ、私にとっては理想的な20キロ減に成功したのです。96.7センチンあったウエストもスリムになり、ペタンコ、皮下脂肪もきれいに落ちたと、実感できました。気になっていた検査値もすべて基準値内に戻り、体調もすっかりよくなりました。なお私の場合、この3ヶ月間は毎晩、1時間ほどウォーキングも行いました。
当然、これも、ダイエットの相乗効果につながったと思っています。

おいしいから続くという感想がたくさん


このようにキャベツダイエットの効果は理論的にも、私自身の体験からも信頼性は十分。肥満やメタポリック症候群が気になる多くの方に積極的におすすめしています。もちろん、その多くの方が成功を収めていることはいうまでもないでしょう。

ホットキャベツダイエットのこと


さて、これからが「ホットキャベツダイエット」のお話になります。私がキャベツダイエットを行っている最中に、キャベツはゆでたほうが効果がアップするということを知りました。

「1分ほどゆでるだけで、かなり農薬が落とせる」ことが大きなメリットです。 キャベツ・白菜の選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

確かに熱湯でゆでると安全性は高まりますが、ビタミンが少なくなるという欠点もあり、どうしようか?迷いました。そこで、とりあえずキャベツをゆでてみたところ、固い芯の部分まで柔らかくなり、とても食べやすくなることが確認できました。

それに、「寒い季節は、ゆでて食べるホットキャベツも悪くない」と思い、ときどきゆでてみることにしました。それに生のままでは、かさばりますが、ゆでると量が少なくなるのでたくさん食べることができるのもメリットだと思いました。
また、ホットキャベツダイエットを糖尿病の方にすすめると、予想以上に大好評でした。患者さんのなかには、キャベツダイエットをおすすめしても、すぐにやめる人がいます。その理由を開くと、無理もないことがわかりました。
  • 歯が弱くて噛むのがつらい
  • 生キャベツの青臭さがきらい
  • 単調な味に飽きる

とくに生キャベツの固さは、歯の丈夫な人はなんとも思わないでしょうが、お年寄りや歯周病などで噛む力が弱くなっている人には、けっこうきついと思われます。

それに、「寒い季節に、生のキャベツを毎日食べるのが、つらい」という人も少なくありませんでした。そんな方に「ホットキャベツ」、つまり、キャベツをゆでて食べる方法をすすめると、「噛みやすい」「おいしい」と好評でした。

歯が悪いお年寄りでも食べられる

では、ホットキャベダイエットのおすすめポイントです。キャベツはお湯で1分ほどゆでるだけでしんなりして柔らかくなるので、歯の弱い方でも安心して食べられるます。青臭さも取れますし、ゆでることで生にはない甘さが出てきて、違ったキャベツの風味が楽しめす。デメリットとしては、カリウム、ビタミンCなどが抜けてしまう点にありますが、生に比べて量を食べることができるのでこへんはあまり気にしなくていいでしょう。

最後にダイエットは、効果があらわれるすばらしいものでも継続できなければ絵に描いた餅だということです。安価で食べておいしいなど、継続するポイントも大切です。

最後になりますが、食事は普通にとっても構いませんが、食前にホットキヤベツを4分の1個や6分の1個食べれば、自然と量は少なくなってきます。
posted by diet at 15:31 | Comment(0) | ホットキャベツダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする