食事のとりかたをあらためて見直す

ダイエットのためにも朝食は必須と考え直す

朝「」はんを食べると、消化器官が働きだして、便意が起こります。
だから、朝こはんを抜かないことは非常に重要。メニューは出来ればも和食。お米には、食物繊維がタップリ。いろんな種類の野菜が一度にとれる、具だくさんのみそ汁と組み合わせましよう。
和食がむずかしい場合でも、とにかく朝ごはんを食べることが大切です。どうしても時間がないのであればシリアルと牛乳だけでもOK 。何かを食べる習慣をつけてみて。

水分もしっかり

水分がないと、便が硬くなります。好みのミネラルウオーターを見つけて、1日に1〜1.5リットル飲むようにしてみましよう。これだけで便秘が解消した人もいるくらい、重要なポイントです。今までそんなに水を飲んでいなかった人も、コーヒーや紅茶を控えて、ミネラルウィーターに切り替えてみましよう。ただし、体調に合わせて分量は調節して。まれに、体がむくんでつらくなる人もいます。基本的にむくみがでてしまう人は塩分摂取量が多く、また、冷たい水を飲んでいる人です。通常、人は余分な水分は尿として排泄されます。

しっかりと量をとる

ダイエット中のあなたも、栄養のバランスに注意してお腹いっぱい食べましょう。とにかく、便のカサを増やすことが大切です。おすすめなのは、火を通した野菜。これならたくさん食べられます。例えば、4分の1 のキャベツは、生で食べると大変だけど、ゆでたり煮たりすれば、量が減って食べやすくなりますよね。また、米や大豆といった穀類も、積極的に食べましょう。大豆は、枝豆や納豆のように、豆の形をしたものを選びます。ビタミン、ミネラルが豊富で、しかもほとんどカロリーのないキノコ類、海草類、こんにやく類もよいでしよう。

おやつはあとまわし

スナックやデザートでお腹がいっぱいになると、肝心の食事がおろそかになってしまいます。3度の食事をきちんと食べて、おやつはあくまでも脇役にしておきましょう。お菓子やデザートには、便秘に効く食物繊維が少ないこともお忘れなく。おやつがないと寂しい人は、ドライフルーツ(プルーンやアンズは便通効果あり) や、焼き芋などをぶ。

バランス

バランスよく、いろいろな種類の食べ物を組み合わせて食べることは、冷え症解消のときと同じように大切です。あらゆる種類の食べものを、よくかんで、楽しく食べましょう。みそ汁やスープにすれば、たくさんの種類の食べ物を組み合わせられます。まともな食事をしていればすぐにやせる体質に変わっていきます。
posted by diet at 17:53 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ界でもブドウ糖の働きが注目を

砂糖はスピーディーにブドウ糖に分解されて、エネルギーになる

砂糖は、パンやご飯と同じ炭水化物。エネルギー量は、それらの主成分であるでんぷんと同じで、1g=4kcalです。炭水化物は体のエネルギー源になる、たいへん重要な栄養素です。ご飯や砂糖などを食べると、体のなかでブドウ糖に分解吸収されて、体や脳のエネルギー源となります。ただし、同じ炭水化物でも、ご飯やパンなどの多糖類と砂糖などの二糖類とは、体に吸収される時問が大きく異なります。

でんぷんは口や胃の消化酵素によって分解され、さらに小腸でも消化酵素によって分解されてブドウ糖になり、小腸から血液中に吸収されます。一方、砂糖(しょ糖)の場合は、胃の消化酵素によってブドウ糖と果糖に分解され、肝臓を出るときにはすべてブドウ糖となって全身を循環することになります。この消化吸収の早さが、砂糖の最大の特徴。エネルギー不足のときは、素早くエネルギーを充填してくれます。

砂糖はスポーツに欠かせない

スポーツをするときにも、砂糖は重要な役割を果たします。普段から運動をしている人の場合は、酸素を使って脂肪を分解して体を動かします。したがって、マラソンやトライアスロンの選手は延々と走ってもなかなかブドウ糖を消費しません。ところが、普段鍛えていない人がこのようなスポーツをすると、すぐに疲れてしまいます。鍛えていない人の体は酸素によってブドウ糖を分解して、エネルギーを作り出すためです。ブドウ糖が不足すると、疲労が増してきます。つまり、鍛えていない人が運動をするときはブドウ糖がなくなってエネルギー不足になる前に、即効性のある砂糖をとることが持続力アップの鍵というわけです。
最近のスポーツ界では、ブドウ糖を取り入れてからスポーツをするのが一般的になっていますが、それには以上のような理由があるからです。最近の研究では、運動の休憩中に砂糖を食べると、その後の持久力が増すことがわかっています。また、運動のあとにたんばく質( アミノ酸) と砂糖をいっしょにとると、体の筋肉合成や骨の強度を増すのに効果的であることもわかっています。

頭をすっきりさせるのも糖分

体だけでなく、頭の働きを活発にさせるのも砂糖の大事な仕事です。脳のエネルギー源となるのはブドウ糖だけです。脳を正常に機能させるには、常にブドウ糖を供給しなければなりません。仕事や勉強に疲れたと感じたときは、脳へのブドウ糖の供給が減っていると考えられます。

ノンシュガーはどう?

最近、ノンシュガー、シュガーカットなどの表示のある食べ物が増えています。ノン、ゼロ、カットなどといっても、エネルギーがまったくないというわけではありません。
厚生労働省が定めた『栄養表示基準』では、「無糖、ノンシュガー」などは、食品10 g当たり糖類が00.5gに満たないもの、「ノンカロリー、ゼロカロリー」などは、食品100g 当たりエネルギーが55kcalに満たないものであることとなっています。また、ブドウ糖にはならない合成甘味料を使っている場合がありますが、これでは体や脳のエネルギーにはなりません。用途に合わせ、表示をよく見て食品を選ぶようにしましょう。
posted by diet at 11:08 | Comment(0) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする